トップ ふとん屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

ふとん屋さんの案内サイト寝具・ふとんの選び方 > ふとん・枕の選び方(1)

ふとん・枕の選び方(1)

ふとん・枕の選び方(1)の画像

最近では和室で寝る人は少なくなっているようですが、もともと日本の家屋は部屋を多機能に使えるように工夫がされています。ですから、普段は寝室にしている部屋でも、それが和室なら少ししつらえを変えるだけで客間にすることも可能なのです。もちろん、お客様にお泊まりいただくこともできるでしょう。

和室で眠るのに絶対に必要な寝具がふとんです。ふとんはどのように選ぶのがよいのでしょうか。まずはサイズを決定し、それから材質、柄と選ぶのがよいでしょう。まずはサイズですが、ふとんのサイズは様々です。

基本的には、ベッドと同じで、セミシングル、シングル、セミダブル、ダブル、ワイドダブル、クイーン、キングといったサイズがあります。ベッドと同じく、部屋の大きさを考慮すると同時に、ふとんの場合には、片づける押入れの大きさも考慮しましょう。柄については、自分の好みで選べばよいですし、ふとんのカバーリングでいろいろなものを選べば、気分に応じて変えることも可能です。

ふとんの材質は弾力性だけでなく、湿気をきちんと放出してくれる材質のものを選ぶことが大切です。コストパフォーマンスが高く、湿気を放出してくれるものを選ぶのがふとん選びの基本です。寝やすいなあ、と感じるふとんは、ふとんの中の温度、湿気、体圧分散の3点に亘って優れたものです。特に湿気については見落としやすいのですが、寒い冬でもふとんを蹴っ飛ばしてしまうといった場合には、ふとんの中に湿気がたまって、ふとんが湿気を逃さないという場合が多く見受けられます。

掛け布団は、夏は薄手の通気性が良いものを選びましょう。冬は保湿性、放湿性がともに高く、厚手でも軽く、身体への密着性の高いものを選びましょう。敷布団についても、適度に体圧分散を行ってくれて、湿気を放出してくれるものを選ぶようにしましょう。さらにコストパフォーマンスが図りたいなら、夏も冬も同じふとんを使えるほうがよいでしょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


ふとん屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ ベッドの選び方(2)

ベッドのマットレスに入っているコイルは、一般的に、コイルの直径が小さく、数が多いほど体圧を適度に分散させることができるといわれています。なかでも、ポケットコイルは、スプリングをひとつひとつ布に包むことにより独立させて、1か所の振動がマットレス全体に伝わる現象を軽減する工夫がなされています。マットレスは通常、3層構造になっていて、コイルの上には詰め物層と呼ばれる素材が敷かれています。ですからコイルばかりでなく、この詰め物層の素材も睡眠環境に影響を与えます。 現在では、詰め物層

ふとん屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。