トップ ふとん屋さんの案内サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

ふとん屋さんの案内サイト寝具・ふとんの大切さ > 寝具・ふとんの大切さを自覚する

寝具・ふとんの大切さを自覚する

寝具・ふとんの大切さを自覚するの画像

柔らかすぎる寝具は腰痛に良くないのですが、それでは固すぎる寝具を選ぶことはどうでしょうか?実は、固すぎる寝具も身体のためにはよくありません。固すぎる寝具、あるいは薄すぎる敷布団で寝ていると、自分の身体の重みでお尻や腰が圧迫されます。すると自然に血流が悪くなり、腰が重く痛くなるのです。

また薄すぎる寝具は血行が低下し、熟睡を妨げます。そのため、結果的に疲れが残り、腰痛にもよくないのです。ですから、腰痛の人がいたずらに薄い敷布団などを選ぶのは理に適ったことではないのです。このことから腰痛予防や腰痛の人が選ぶべき寝具とは適切な硬さを持った寝具ということになるのですが、そもそもこのように健康と寝具が大きな関係を持っていることに自覚的である人は少ないのではないでしょうか。

寝具を選ぶ時にも、慎重に選ぶのではなく、眠れればよいといった感覚や単純にインテリアを選ぶような感覚で選んでしまう人も少なくないようです。しかし、実際には、先に述べてきたように寝具を選ぶということは非常にデリケートな作業です。人間は慣れる動物ですから、どのような寝具に寝ていても身体に馴染んでくるように感じるかもしれませんが、身体は知らず知らずのうちに少しずつダメージを受けているのです。そしてそれがいつの間にか爆発してしまうのです。するとなかなか治らない頑固な腰痛になったり、姿勢の悪さからくる内蔵圧迫や気分がすぐれないような状態を引き起こしてしまいます。

寝具やふとん類と健康のことを考えるなら、枕一つでも、選ぶことをおろそかにはできないのです。人は眠っている間にも何度も寝返りをうちます。ですから寝具も仰向けの時ばかりでなく、横向きになった時の身体の沈み方などについてもよく考えておかなければなりません。さらには二人で眠るようなダブルベッドなら、本来は二人が同時に寝てみて、体の状態がどうなるかをチェックするのが理想的なのです。

寝具と健康の関係を考えるなら、より慎重に寝具を選ぶことにしましょう。もちろん、実物に横になれないことは多いものです。そのようなときにも、寝具の素材や、お店の担当者、あるいは機会があるならユーザーの話などもよく聞いて、自分に合ったものを選びましょう。



スポンサー広告

ネットショップ広告


ふとん屋さんの案内サイトのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 寝具・ふとんが健康に影響(2)

寝具が健康に及ぼす影響として、多くの人が自覚していることに腰痛と寝具の関係があります。腰痛防止を考えるとき、寝具は非常に重要なのです。寝具に気を配ることによって、姿勢、肥満、筋力低下などを防げる可能性があります。適切な睡眠をとることによって、人間は日々の疲れを解消し、すべての身体機能を正常に保つことができます。腰痛の大きな原因のいくつかは、日中の生活環境にあります。 例えば、無理な姿勢を続けること、無理な姿勢を強いる体型であること、腰に負担を与える労働環境、これらのことを原

ふとん屋さんの案内サイトについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。